サンドイッチとコーヒー狸小路8丁目タヌハチガーデンのアノカフェ

 

最近、狸小路を端まで歩きましたか?

 

狸小路の8丁目、アーケードがなくなるこのエリアには、古いビルをリノベーションした「タヌハチガーデン」があります。

ビル内にはこじんまりとしつつもそれぞれ個性豊かな飲食店が複数入居。

レトロだけど新しい、今押さえておきたいおしゃれスポットなんです♪

 

そんなタヌハチガーデンに、サンドイッチとコーヒーのおいしいお店が仲間入り!

2019年6月にオープンしたばかりの『ano CAFE(アノカフェ)』です。

シンプルでアンティークな空間はどこかノスタルジック。

こんな空間でふわふわパンのサンドイッチをひと口頬張れば、心までふんわり和らぎます♪

 

早速オープン後まもなくのお店で贅沢な時間を過ごしてまいりました!

 

スポンサーリンク

アノカフェの基本情報(住所、営業時間、定休日、駐車場など)

狸小路8丁目のタヌハチガーデン

 

基本情報

 

住所 札幌市中央区南2条西8丁目4-3-1 TANUHACHI GARDEN 1F
営業時間 11:00~19:00
定休日 不定休 ※お店のインスタにて随時情報更新とのこと
支払い方法 現金のみ
駐車場 なし
禁煙/喫煙 禁煙

 

 

狸小路の1丁目側から向かう場合は、そのままアーケードのなくなる8丁目まで直進。

右手にタヌハチガーデンが見つかるはずです。

目印は、タヌハチガーデン入り口にあるトトロのバス停みたいな街灯です!(伝わるかな?笑)

 

タヌハチガーデンの外観入り口

 

入り口横にもアノカフェの看板が出ているのですぐにわかると思います。

 

アノカフェanocafeの看板

 

ビル内に入ると廊下がとても細く隠れ家感が満載。

初めて行くときはちょっぴりドキドキするかもしれませんが、そのまま奥まで進みましょう!

 

アノカフェanocafeのアクセス

 

↑奥に見える細長い扉がアノカフェの入り口です♪

 

スポンサーリンク

店内の様子

 

タヌハチガーデンには独特の雰囲気があって、常連さんしかいないのでは…?とちょっと緊張するかもしれません。

全然大丈夫なので、そのまま勇気を出して扉を開けましょう!

 

座席はテーブル席とカウンター席

アノカフェの店内1

 

ちょっと写真がぼやけてしまっていますが…(汗)

店内奥側から撮った座席配置がこんな感じです。

窓際に2人掛けテーブル席が2つ。

その他はカウンター席です。

 

アノカフェのテーブル席

テーブル席

アノカフェのカウンター席

カウンター席

アノカフェのカウンター席の椅子

カウンター席のハイチェア

 

アノカフェはいま流行りの「間借りスタイル」お店。

夜は別のお店がバーをやっているとのことでした。

バーがお休みの時間帯に、アノカフェのサンドイッチ店がオープンしている、というわけなんですね。

 

ノスタルジックな空気感が心地よい

 

広くはない店内ですが、壁、柱、窓枠…店舗を構成する線と面がシンプルなせいか、気持ち的には広々と心地よく過ごせるのが印象的でした♪

 

素朴な店内のところどころにアンティークなインテリアや、華美ではない生花、渋めのスワッグなんかが配されています。

 

アノカフェの店内2

 

のい
アノカフェのこの雰囲気、大ファンになりました!
シンプルな空間にアンティークなインテリアでなんだかノスタルジック…。
時間を忘れてのんびりできますよ。

 

アノカフェの店内階段

 

店内には階段が2階があるようでしたが、こちらは使われていないみたいです。

この階段があることで奥行きが出て、これまたいい感じの雰囲気を作り出していました♪

 

スポンサーリンク

アノカフェのメニュー

 

アノカフェのメニューがこちら♪(※2019/6訪問時のもの)

 

アノカフェのメニュー

 

サンドイッチ・ホットサンド・ドリンクというメニュー構成。

星印★の付いているサンドはハーフ&ハーフで楽しむこともできるので、いろんな味を試したい人にはおすすめです♪

(タマゴサンドに星印が付いていないのですが、私が伺った時はハーフ&ハーフ対象でした。その時の品切れメニューによっても変わると思うので、絶対に食べたいメニューがある場合はお問い合わせをした方が安心でしょう!)

 

ハーフ&ハーフで4種のサンドを食べちゃいました!

 

カウンターで先にオーダーと支払いを済ませます。

2名で行ったので、ハーフ&ハーフ(1,000円)を2つ注文。

アノサンド・ローストビーフサンド・フルーツサンド・タマゴサンドの4種を一気に食べ比べてみました♪

 

タマゴサンド&ローストビーフサンド

アノカフェのハーフ&ハーフタマゴサンドとローストビーフサンド

 

タマゴサンドはだし巻き卵がサンドされているタイプ♪

しっかり出しが効いているふんわりたまご焼きをふわふわもちもちのパンがサンド!

 

のい
お口の中がしあわせ~。
歯がなくても食べられそうです(笑)

 

パンに塗られているからしマヨがピリリと良いアクセントに♪

 

そして、今回私の中で一番のヒットだったのがローストビーフサンド!

見てください。

結構厚みのあるボリューミーなローストビーフですよね。

肉肉しいけど牛さん臭くない、とても美味しいローストビーフでした♪

 

のい

玉ねぎスライスとわさび醤油のツンとした香りが、もう食べているのに食欲を増進させてくる感じ!

ビール飲めばよかったな~

 

アノサンド&フルーツサンド

アノカフェのハーフ&ハーフアノサンドとフルーツサンド

 

こちらはお店の名前の付いたアノサンドとフルーツサンド。

オープンして間もないにもかかわらず、フルーツサンドは品切れになることもある人気商品になっているようですよ♪

 

フルーツサンドの人気の理由にはこの断面の美しさもきっとあるはず!

萌え断ってやつですね♪

キウイとみかんだと酸味が結構ありそうなものですが気にならず。

クリームはチーズクリーム。

酸味がなく甘さも控えめで、チーズクリームだったとは後で知ったのでした(笑)

パンもクリームもふわふわで、ペロリと完食です!

 

アノサンドには、レタス・トマト・アスパラ・アボカド・チーズ・たまご入りで超具だくさんっ!!

 

のい
正直食べるのにはものすごく苦労しました(笑)
顎関節症の人とか本当に気を付けてください!

 

ソースはサウザンアイランド系で、甘みも酸味もコクもあり。

フレッシュな野菜たちにベストマッチです♪

 

のい
ちなみに、タマゴサンドとフルーツサンドにはプレーンタイプの食パン、ローストビーフサンドとアノサンドには全粒粉使用のパンが使われています!
中の具材によってパンも変わる。サンドイッチ専門店ならではのこだわりを感じました♪

 

 

ドリンクはサンドイッチとセットで100円引き

 

ドリンクはサンドイッチと一緒に頼むと100円引きになります。

 

アノカフェのドリンク

 

今回はアイスコーヒー(400円)とアイスティー(400円)をセットにしました。

どちらもしっかりとした香りが感じられて、サンドイッチにピッタリでしたよ♪

 

スポンサーリンク

タヌハチのアノカフェで時間を忘れるひとときを♪

 

今回は、タヌハチガーデンに新しくオープンしたサンドイッチとコーヒーのお店『ano CAFE(アノカフェ)』をご紹介しました♪

まるで隠れ家のような空間でいただくサンドイッチとコーヒーは、あなたのブレイクタイムをより満足度の高いものへと変えてくれそうです。

 

また、サンドイッチとドリンクともにテイクアウトが可能。

予約取り置きもできるので、前日までに店舗まで連絡をすれば、完売に泣くなんてことはありません!

ハーフサンドひとつでもテイクアウトできるそうですよ♪

お仕事のランチタイムの選択肢のひとつにもなりそうですね!

 

スポンサーリンク

おすすめの記事