トミーコージーのサンドとタピオカロイヤルミルクティーを実食

 

新鮮な道産食材が手に入るということで、観光客のみならず札幌人にも人気の直売店「HUG(ハグ)」

狸小路5丁目にあるこちらには、隣接した飲食店街「HUGイート」があります。

道産食材を使った個性豊かなお店が集まりますが、その中にもタピオカスイーツを扱うお店があるのをご存知ですか?

 

今回レポートするのは『Tommy Cozy(トミーコージー)』

創作サンドイッチとタピオカスイーツのお店です♪

近頃の食パンブームですっかり有名になった「おかめや」のパンを使ったサンドイッチはもっちり食感!

意外や意外、これをタピオカドリンクでのどへ流し込むのもまた良かったりするんですよ~。

 

イートインでまったり過ごしてきましたよ♪

 

スポンサーリンク

 

トミーコージーの基本情報(住所、営業時間、定休日、駐車場など)

サンドイッチタピオカのトミーコージーがある狸小路5丁目

 

基本情報

 

住所 札幌市中央区南2条西5丁目 狸小路5丁目「HUGイート」内
営業時間 月・水・木/10:30~19:00
火/11:00~19:00
金・土/10:30~21:00
日/10:30~18:00
定休日 なし
支払い方法 -
駐車場 なし
禁煙/喫煙 禁煙

 

 

トミーコージーの入る「HUG」は狸小路5丁目。

直売所と「HUGイート」が隣接するため店舗としては大きく、看板も目立ちます!

 

サンドイッチタピオカのトミーコージーがあるHUG

 

HUGの入り口から入って右手に「HUGイート」があります。

 

サンドイッチタピオカのトミーコージーがあるHUGイート

 

これだけの飲食店がずらっと並ぶ飲食店街なので、ご飯を食べてからトミーコージーでタピオカやアイスを楽しむのもありです!

 

スポンサーリンク

 

店内の様子

 

「HUGイート」内の雰囲気はこんな感じ。

 

HUGイート内の雰囲気

 

「狸小路横丁」という名前が付いている通り、まさに横丁な雰囲気ですよね!

お昼でも夜みたい。

いくつも吊るされている提灯がいい味出してます!!

 

各店舗がぐるりと「HUGイート」内を囲むように入っていて、真ん中はどの店舗の食事でも食べられるイートインスペースになっています。

 

トミーコージーは入り口を入ってすぐ

 

トミーコージーは「HUGイート」に入ってすぐ、左側に店舗があります。

 

トミーコージーの外観

 

スロープ横のサンドイッチが並ぶショーケースを目印にしてくださいね!

 

スポンサーリンク

 

トミーコージーのメニュー

 

サンドイッチ

トミーコージーのサンドイッチ

 

挟まる具材も店内で手作りされているというサンドイッチは、パンの種類からして豊富!

三角の「スタンダードサンドイッチ」に「フルーツサンドイッチ」。

厚切りパンを使った「BOXサンドイッチ」や、ドッグパンを使った「ホットドッグ&ドッグサンド」、イタリア製チャバッタパンの「チャバッタサンド」というラインナップです。

チャバッタ以外はすべて「おかめや」のパンを使用しています♪

 

タピオカ・ドリンク・ソフトクリーム

トミーコージーのメニュー

 

暑い季節には、レモネードなどのさっぱり系タピオカドリンクがやっぱり人気みたいです。

 

サンデー

トミーコージーのサンデー

 

サンデーにはタピオカのせのメニューもあります。

 

サイズは2種

トミーコージーのタピオカサイズ

 

サイズは「レギュラー」と「トール」の2種です。

 

スポンサーリンク

 

イートインでゆったり食べてきました♪

 

のい

タピオカは好きなんですが、なにせ飲み歩きという文化がなじまない…トシってやつですか?←

 

私みたいな大人世代(笑)のあなたにおすすめしたいポイントはなんといってもイートインスペース!

テーブル数もうそれなりにあり、まったり味わうことができます。

 

今回はサンドイッチの「日替わりミックス」と、タピオカ「ロイヤルミルクティー」を頂きました♪

 

トミーコージーのサンドとタピオカロイヤルミルクティーを実食

 

さすが「おかめや」のパン。

ふわもちの食感とほのかな甘みがサンドイッチにはよく合いますね♪

トマトやレタスにチーズの入ったミックスサンドと、ポテサラ入りのサンドイッチでしたが、丁寧に作られた手作り感が妙にほっとします。

 

タピオカはロイヤルミルクティー。

トミーコージーがこだわる北海道産生乳をたっぷり使用したというロイヤルミルクティーは、ミルク感がありながらもサッパリとした飲み口でサンドイッチと相性〇

 

タピオカは硬め食感です!

「店内仕上げの大粒」という紹介がポスターにもあったのですが、最近急増の大粒タピオカ店に比べると、ほぼレギュラーサイズの印象を受けるかもしれません。

ストローとのサイズ感が良くて、詰まるストレスもなく良かったです!(笑)

 

手作りサンド&タピオカの絶妙な相性を楽しんで♪

 

今回は創作サンドイッチ&タピオカスイーツの『Tommy Cozy(トミーコージー)』をレポートしました!

 

狸小路内というアクセスの良さと、イートインスペースが豊富な店内が嬉しい♪

ふわもちの手作りサンドイッチはランチや小腹が空いたタイミングにもちょうどいいですよ。

他の飲食店もあるので、フードコート的に利用するのも便利です。

 

キッチンカーのタピオカ店にはないリラックスタイムが味わえる『Tommy Cozy(トミーコージー)』、おすすめです♫

 

↓【随時更新】札幌のタピオカ情報まとめ↓

スポンサーリンク

おすすめの記事