2019-2020シーズン札幌市内スキー場のオープン日とナイター時間

 

札幌の冬といえばウィンタースポーツ!

市内には、良質な雪でスキーやスノーボードを楽しめるスキー場が6つあります。

 

今回は、札幌市内のスキー場 6か所をご紹介していきます。

2019-2020シーズンのオープン日やアクセス情報、ナイター情報を含めたそれぞれのスキー場の特徴や魅力もチェックしましょう♪

 

今年の冬は、札幌で思いっきりウィンタースポーツを楽しんで!

 

スポンサーリンク

 

札幌国際スキー場

札幌国際スキー場

http://jozankei.jp

 

★ 11月22日(金)オープン

 

屈指のパウダースノーと広大なゲレンデが魅力の札幌国際スキー場。

車では札幌市内から1時間ほどです。

札幌近郊のスキー場の中では営業期間が長く、2020年は5月10日まで営業の予定。

 

初級者から上級者に対応した7コースの他、ソリやチューブで遊べるスノーパークもあります。

定山渓温泉へのアクセスも良いので、スキー後に温泉を楽しんでもいいですね。

 

オープン 2019年11月22日(金)~2020年5月10日
住所 札幌市南区定山渓937番地
アクセス [車]札幌中心部から約60分

[バス停]札幌国際スキー場

営業時間 [ 初滑り期間 ] 2019年11月22日~11月30日全日 9:00~15:20[ 通常期間 ] 2019年12月1日~2020年3月31日
平日 9:00~17:00/ 土・日・祝 8:30~17:00

[ スプリング期間 ] 2020年4月1日~2020年5月10日
全日 9:00~16:30
駐車場 無料 1850台

 

スポンサーリンク

 

サッポロテイネスキー場

テイネスキー場

https://sapporo-teine.com

 

★ 11月23日(土)オープン

 

サッポロテイネスキー場は札幌の中心部から15kmの好立地にあります。

大都市圏の近隣ながら、壮大な山岳を生かした本格的なスキー場です。

 

山頂部は例年5月上旬まで滑走可能なほど雪が豊富。

手稲山は、1972年にアジア初の冬季オリンピック会場として使用され有名になった、雪質·コースレイアウトにおいて国内でも屈指のスキーリゾートです。

近年では、冬季アジア大会(2017年)やユニバーシアード(1991年)国体などの競技大会が開催されています。

 

オープン 2019年11月23日(土)~
住所 札幌市手稲区手稲本町593
アクセス [車]札幌市中心部から約40分、JR手稲駅から約15分

[バス停]テイネオリンピア前/テイネハイランド

営業時間 9:00~17:00

[通常営業]
2019年11月23日~2020年4月5日

[春スキー営業]
2020年4月11日~2020年5月6日の土日祝

駐車場 無料 2,800台収容

札幌藻岩山スキー場

藻岩スキー場

https://www.rinyu.co.jp/moiwa/

 

★ 12月13日(金)オープン

 

札幌藻岩山スキー場は、札幌駅から車で約30分で到着できるアクセスのよいスキー場です。

ファミリーから上級者までが楽しめる10コースが用意されています。

 

札幌市の夜景を見ながら滑るナイタースキーも楽しめます。

 

オープン 2019年12月13日(金)~
住所 札幌市南区北ノ沢1819-828
アクセス [車]札幌駅から30分

[バス停]北斜面 第1リフト下/道路管理事務所

営業時間 [平日]9:00〜21:00

[土・日・祝日・冬休み期間]8:30〜21:00

※南斜面、第4リフト8:45~

[12/31]8:30〜15:00

駐車場 無料 北斜面450台/南斜面250台

 

スポンサーリンク

 

国営滝野すずらん丘陵公園スノーワールド

国営滝野すずらん丘陵公園スノーワールド

http://www.takinopark.com

 

★ 12月24日(火)オープン

 

小さなお子様も楽しむことができる国営滝野すずらん丘陵公園スノーワールド。

初心者大歓迎のなだらかなファミリーゲレンデは、長さ250m平均斜度7度でスキー・スノーボード初心者やお子様にもぴったり。

また、そりゲレンデは国内最大級の200mロングコースで大人も子供も楽しめます。

他にもスノーシュー・歩くスキー・クロスカントリースキーなど雪を楽しめるいろいろなアクティビティがありますよ。

 

オープン 2019年12月24日(火)~2020年3月31日(火)
住所 札幌市南区滝野247番地
アクセス [バス停]すずらん公園中央口/すずらん公園東口
営業時間 リフト券販売 9:00~15:30
リフト運行 9:15~15:45
駐車場 普通車420円

ゲレンデの最寄駐車場
「中央口駐車場」960台/「東口駐車場」610台

 

さっぽろばんけいスキー場

さっぽろばんけいスキー場

https://www.bankei.co.jp/

 

★ 12月上旬オープン

 

さっぽろばんけいスキー場は札幌市中心部からわずか20分の都市型スキー場です。

ナイター照明を完備したゲレンデは午後10時まで営業しており、仕事や学校後も楽しむことができます。

 

初心から上級までの全17コースの他、子スノーチューブやソリなどが楽しめる楽しめる「スノーパーク」があり子供や観光客にもぴったり。

また託児ルームサービスもあるため、家族連れにも優しいスキー場です。

ゲレンデの安全なコースを歩く・登る・滑るシ-ルウォーキング、国際競技会基準のハーフパイプ、FIS公認のモーグルコースなど充実した設備があります。

 

オープン 2019年12月上旬~
住所 札幌市中央区盤渓410
アクセス [車]札幌駅から約20分

[バス停]ばんけいスキー場

営業時間 9:00~22:00

※12/25~1/20の日祝 8:30~22:00

駐車場 無料 1000台

 

スポンサーリンク

 

フッズスノーエリア

フッズスノーエリア

https://www.shsf.jp/fujino-yagai-w/

 

★ 2019年12月上旬オープン

 

市民向けで初心者から楽しめるフッズスノーエリア。

初級のファミリーコースから上級のダイナミックコースまでの6コースの他、そりなども自由に使用して遊べる「キッズランド」があります。

リフト代がお手頃で、就学前のお子様は無料なのも嬉しいポイント。

札幌市内中心部から約30分の住宅地に位置する親しみやすいスキー場で、学校や仕事帰りのナイターも人気です。

 

オープン 2019年12月上旬~3月31日(火)
住所 札幌市南区藤野473-1
アクセス [車]札幌市内中心部から約30分。

[バス停]藤野3条11丁目/藤野4条11丁目

地下鉄真駒内駅付近から無料送迎バスあり。

営業時間 9:00~21:00
駐車場 無料 500台

 

まとめ

 

今回は札幌の6か所のスキー場をご紹介しました。

11月下旬から12月中旬がオープンの時期です。

期間が長いスキー場だと5月ごろまで営業しているので、何度も通って楽しめますね!

 

スキー教室が開催されているスキー場もあるので、初心者の方やレベルアップしたい方は行ってみてもいいですね♪

学校帰りやお仕事帰りにナイタースキーをしてみても楽しいですよ。

今シーズンのスキーを満喫しましょう♪

 

スポンサーリンク

おすすめの記事